講師派遣の目的

派遣講師というサービスは、各会社や学校に講師が出向き、薬物乱用や子育て支援など目的に合った内容の講演会をすることです。講師が各企業へ足を運ぶことで、会場を借りる費用や聴衆が会場まで向かう時間もかかりません。

公演を依頼する前にイメージしておく事

来場人数はどれくらいになるのか

当日、セミナーに参加してくれる人数は何人くらいになるのか、来場する職種や経験年数、どんなモチベーションで参加するのかなど参加者を含めた講演会のイメージをしましょう。また、当日用意した座席に空白が目立たないよう工夫しましょう。

イベント全体のイメージ

イベントの正式名称や全体のテーマ、時間、場所、日時など細かな事を先に決めるようにしましょう。また、講演会を主催する側は、誰が何のためにイベントを開催するのか、具体的な事をしっかり決めていく必要があります。

細かな内容についても

講演会の概要や紹介文などはいつまでに書くか、プレゼン用のパソコンは持ち込みか会場で用意するのか、マイクはスタンドタイプか手持ちかピンマイクかなど、細かなことをしっかり決めていかないと当日バタバタして忘れ物が出ることがあります。

会社に講師を派遣してもらいセミナーや講演会を開催しよう

受講者

予算・ジャンルなど相談できる内容を把握する

講演会を開催するうえで重要なのは予算やジャンルです。予算の中には当日の講師の交通費や食事、会場設営や当日の来場者への資料の準備代、飲み物代など様々な費用が含まれています。また、講師の方が有名な方で遠方から来る場合、宿泊費を予算の中に組み込む必要もあります。ジャンルに関しては、参加者がどんな内容の講演会を開きたいのかイメージし、それに合った講師の方を選びましょう。

実績や登録数などの派遣会社を選ぶポイント

講師を選ぶ際、講師専門の派遣会社に連絡をして、テーマに沿った講演会を行ってくれる方を選びます。こういった講師専門の派遣会社はいくつか存在しますが、会社によっては自分が希望した内容の講演会とずれてしまい、トラブルになってしまう事もあります。事前に口コミや評判を調べ、内容に沿った講演をしてくれる派遣会社を見つけましょう。

初めての講演依頼、これって大丈夫?

講師に対して必ず交通費を支給しないとダメか

講師の人に対して、必ず交通費を支給するという決まりはありません。しかし、遠方から来た場合や有名な方の講演の場合、気持ち程度でもいいのでお礼として渡すといいでしょう。宿泊をする場合も、予算の中に組み込みましょう。

こちらから講演会のイメージを指定していいのか

講演会を依頼する際、派遣会社へ連絡をして打ち合わせをするかと思います。その際、主催者側がお願いしたい講演内容を色々決めても勿論かまいません。あらかじめ依頼をする際、テーマを決めてからお願いするようにしましょう。

予算についての話をいきなりしてもいいのか

講演依頼をする際、予算内に収めたいというのが主催者側の本音でしょう。もちろん予算範囲内で収めたい場合、金額の話をしてもかまいません。ただし、余りに金額を絞りすぎて当日講師の方や来場される方に迷惑が掛からないようにしましょう。

SNSを使って講演告知を行っていいのか

講演会の宣伝方法としては、テレビやラジオ、チラシやインターネット上のホームページ、SNSなど様々あります。日時や会場など、細かな事がきまったらこれらを利用して宣伝するのもいいでしょう。宣伝方法は講師の方とも相談するようにして下さい。

講演の時間や全体の流れを決めていいのか

講演会をする際は、時間も朝一なのか昼休み後なのか細かな事を決めていきましょう。また、他に講師がいる場合、何番目に講演をするのか、プログラムもしっかりと事前に決めるようにしましょう。講師とも連携をとることを忘れないで下さい。

広告募集中